DOD PR

【DOD】カンガルースタイル専用テントを、フライシートを使って外でも使えるようにしてみました。

おっちょとキャンプ▲ブログへようこそ♪

前々から欲しいと思っていた、DODカンガルーテント(s)のフライシートをgetしたので、今回は、仕様・設営方法などを書いていきます。

つまちゃん
つまちゃん
設営はとっても簡単♪今回はおっちょとデイキャンで使ってみたよ!
おっちょ
おっちょ
これはちょっとしたキャンプに最適!

それでは早速みていこう!

【DOD】カンガルーテント(s)について

 

まずは、本体のDODカンガルーテントについて。

DODカンガルーテントとは、DODから発売されている、カンガルースタイル専用のワンタッチテントのこと。コットン100%生地を使用し、結露を最大限に抑えて、快適なテント内空間を実現することができます。ワンタッチ構造を採用しているため、大型テントを設営した後でも簡単に設営することができます。

 

仕様

カラー タン
参考価格(税込) オープン価格
組立サイズ(外寸) (約)W220×D150×H128cm
収納サイズ (約)直径21×長さ70cm
重量(付属品含む) (約)4.3kg
収容可能人数 2人
材質 壁面:コットン
フロア:210Dポリエステル(PUコーティング)
フレーム:アルミ合金
セット内容 テント×1、グランドシート×1、ペグ×4、キャリーバッグ×1、シートバッグ×1、
結束バンド×1

 

我が家では、カンガルーテントをアポロンTCの中に入れて、寝室として使っています。

 

私たちが持っているのはSサイズ

 

Mサイズもあります

 

カンガルースタイルとは

大型のテントやシェルターの中に就寝用の小型テント(カンガルーテントなど)を入れこむキャンプスタイル。 カンガルーのお母さんの様に、お腹の中に子どもを入れるのに例えてこの名前が付けられました。

 

おっちょとキャンプ▲
おっちょとキャンプ▲
カンガルーテントについてはこちらのブログでも紹介しています♪
DODカンガルーテント(S)でカンガルースタイルに挑戦してみました!こんにちは、おっちょとキャンプ▲ブログのつま(@ottyoto_camp)です^ ^ 今回は、DODのカンガルーテント(S)を購入...

 

カンガルーテント専用フライシートについて

 

次に、カンガルーテント専用フライシートについて。

この専用フライシートは、本体のカンガルーテントを外でも使えるようにするためのオプション装備になります。

フライシートには防水機能があるので、カンガルーテントに被せることで、雨の中でも使用ができるようになります。

仕様

 


カラー タン
参考価格(税込) オープン価格
組立サイズ(外寸) (約)W210×D310×H140cm
収納サイズ (約)直径14×長さ55cm
重量(付属品含む) (約)2.4kg
最低耐水圧 2000mm
材質 150Dポリエステル(PUコーティング、UVカット加工)、アルミ合金
付属品 ペグ、天井用ポール

 

私たちが購入したのはsサイズ

 

Mサイズ

 

カンガルーテントを単体で使用しようとすると・・・

 

ちなみに、カンガルーテントを単体で使用しようとすると…

つまちゃん
つまちゃん
冬場に外で一泊したら、テントが凍っちゃった・・・

気温は氷点下、乾かすのに苦労しました。

おっちょ
おっちょ
このテントがカンガルースタイル専用だとわかる失敗だったね

早速キャンプで使用してみる

 

さて、早速フライシートをデイキャンプで使用してみます。

外箱はこんな感じ。

セット内容

 

セット内容は、フライシート、ペグ、天井用ポール。。。あれ?

フライシートの中に天井用ポールとペグがくるまれていました(笑)

設営方法

 

それでは設営していきます。

①まずカンガルーテントを設置します

②天井用ポールを組み立てます

③フライシートの裏側に、天井用ポールを取り付けます。

・シートの両側にポールの差し込み口があるので、そちらを目印にしてください。

・真ん中にある紐で縛って固定します

④設置しておいたカンガルーテントに被せます。

向きを間違えると、入り口なくなります(笑)

失敗例↓

うさぎのロゴが側面にくるように被せます。

⑤カンガルーテントの四隅のループにペグダウンして、完成です。

外観はこんな感じ。

通気性を確保するベンチレーション付き

中から見たところ。

前室がプラスされ、靴置き・ちょっとした荷物を置くスペースができました。

設営動画

 

設営動画もありますので参考にしてみてください。

 

最後に

 

カンガルーテントを先に購入し、便利さを大いに感じていましたが、このフライシートを購入したことで、さらにキャンプでのシチュエーションが広がって、キャンプにいく楽しみが増えました。

雨での検証はできませんでしたが、骨組みが見えなくなったので、単体で使う違和感はなくなりました。

この日は、時間の限られた中でのデイキャンプでしたが、設営も撤収も早く、その分ゆったりと過ごすことができました。

お昼は、スーパーでお寿司を買って食べました。

おっちょとキャンプ▲
おっちょとキャンプ▲
設営も撤収も時短で済ませられるキャンプ最高♪

 

購入はこの2点

セットもありました

DOD(ディーオーディー) カンガルーテントS コットン100%生地 ワンタッチ構造 グランドシート付き T2-616-TN & カンガルーテント用フライシートS 専用 タン【セット買い】

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みくださりありがとうございました。